高校受験で落ちたあなたへ。【とりあえずこれ読んで】

勉強
スポンサーリンク

今回は高校受験で落ちたあなたに伝えたいことがあるので、それを書いていこうと思います。

まず先に一言、受験お疲れ様でした。
受験に何年も関わってきた僕だからわかります、本当にお疲れ様でした。

終わった今となっては、勉強自体はそんなに苦しくなかったなって思えるんじゃないでしょうか?(そんなことない?笑)

この記事は高校受験で失敗して落ち込んでる人だけでなく、高校受験とは一体どんなものなのかを知りたい人にもおすすめです。
また、自分の子供が高校受験でに落ちてどう声かければいいのか迷ってる親御さんもぜひ見ていってください。

僕が高校受験で落ちた時の体験談を話した後、あなたの努力の価値はどこにあるのか。
それについて話していきます。

高校受験で落ちた自分の中学時代

まず最初に手短に、僕の中学生時代がどんな感じだったのかをざっと説明しようと思います。

中3までは遊び呆けていた

中1と中2はマジでびっくりするくらい遊んでいました。
部活動もやってたし、めっちゃ色んなゲームで遊んでいました。

塾も行ってたけど…

一応塾は行ってたんですが、なんとなくしょぼい塾に行っており、特にきつさとかありませんでした。

毎週の漢字テストも、5分前に勉強してなんとか合格点を取るみたいなことをやってましたね(笑)
マジでただの金の無駄遣いでした。

中3から親友の影響で一転

軽いノリで塾を変更

僕は高校受験も適当にやるつもりだったのですが、親友がストイックなことで有名な塾に移ると言いだしました。

僕はそれを聞いて、あいつが頑張るんだったら俺も頑張ろうみたいな軽いノリでその塾に移りました。

ストイックな塾に移ってから

確かにめちゃくちゃきついとは聞いてたものの、ここまで?ってくらいしんどかったです。

僕は最初からSクラスみたいなところに入れられたのですが、とりあえず周りの人の頭の良さがヤバい。
マジでついていくだけで必死でした。

最初は因数分解を授業でやっていたのですが、僕はその概念自体が初めてだったので理解するのにめちゃくちゃ手間取った覚えがあります。

夜まで塾で勉強して、自習もして本当に毎日大変でした。

夏頃までに成績がグンと伸びる

もちろんそれだけ勉強してたら成績も伸びました。
塾のクラスの中でもかなり上位に組み込めるようになったんですね。

志望校のレベルを何個もあげました。

1月の受験

途中は省きますが、僕は1月までにかなり成績を伸ばしました。

そのおかげで日本で10位以内には入りそうな高偏差値の高校を受験することも決めていました。

そして、滑り止めとして偏差値65くらいの高校を受験したんですね。

当日は数学もほぼ満点、英語も国語も出来た感触がありました。

その試験はしっかり合格していました。

2月の受験

2月になって僕は第2志望の高校を受けました。

最初の国語の感触はわかりませんが、数学は確実に満点だなって確信、これがダメだったんです…(笑)

そして最後の英語、もう僕はこの時点で「受験楽勝すぎワロタwww」くらいに舐め腐ってました。

そしてなんと、試験中にちょっとうたた寝をしてしまったんですね。
多分5分ほど。

その時は「あ、寝ちゃった!」くらいで何も重く受け止めていなかったんですが、後になって本当に自分何やってんだ…って思います。

まさかの不合格

僕だけ番号がない

まあ当たり前なんですが、僕はその寝た試験で落ちました。

一緒に受けた友達と塾で確認したんですが、僕の番号だけありませんでした。

「え?俺の番号ないやん」って。

最初は向こう側のミスだろって思うくらいには信じられなかったのですが、塾長と第一志望を受けるか受けないかを話し合っていくうちに現実なんだなって思い始めました。

さて、僕はその日早めに家に帰りました。

もちろん塾では「マジかー落ちたかー!!」「えー萎える!!」くらいのテンションでいました。
友達の前で落ち込んだ姿を見せられないし。

でも塾を出た途端、涙がブワッと溢れ出しました。

家に帰るまでずーーーーっと泣いてました。

家帰ったら母親がいつも通り「おかえり」って言ってくれるわけです。
それすらも辛かった。

なんで俺だけなんだろう、頑張ったのに。。。」って飼ってたウサギに話しかけながら泣いてたのを覚えています。

涙の理由

さて、僕はなんでそんな泣いてたんでしょう。

もちろん落ちて悲しいってのもあります。


しかし、高校受験に落ちた人ならわかると思います。
周りの人とどうしても比べてしまうんですよね、だって受けた人が全員落ちてたならあなたは泣いてましたか?って話です。

「友人や先生、母親の前では明るく振る舞わなければいけない。だけど僕は不合格である。」という事実が中学三年生には重すぎるんです。
だから、泣く以外の方法が見つからない

高校受験に落ちるというのは本当に辛かったし、悔しかったし、悲しかった。

自分の今までの努力がYes or Noで判断される受験というのはどうしても残酷なものです

不合格のその後

さて、不合格のその後ですがいろんな事情があって第一志望を変更しました。

そして、変えた後の第一志望の入試までは本気で勉強し、3科目首席で入ることができました。

さて、最終的にはなんとか合格をいただいて高校生活を始めることができたわけですが、第一志望を諦めているので受験の部類でいうと「失敗」になると思います。

高校受験で落ちたあなたへ

まずはお疲れ様です。

ここまで読んでくださった方はこう思ったでしょう。

「いや、お前が舐め腐ってたから受験落ちたんやろ。」
「どのツラで泣いとるんや。」

間違い無いです。

そして、これを読んでくださってる方は100%の力を出して不合格でしたか?
それともちょっとサボった結果不合格でしたか?

どっちにしろ、この記事を読んでいるということは高校受験に落ちて悔しい、悲しい、辛いって感情があるのは間違い無いでしょう。

でもとりあえず、本当に受験勉強お疲れ様でした。

冒頭でも言ったけど、受験勉強のしんどさを知ってるからこそあなたを本気で労いたいと思うんですよね。
これは若干僕の勉強に対する熱い想いも混じっています。

なのでお疲れ様を二言(笑)

あなたは勉強を頑張って不合格だった人?

さて、受験には4種類の人がいます。

  • 勉強を頑張って合格した人
  • 勉強を頑張って不合格だった人
  • 勉強を頑張らず合格した人
  • 勉強を頑張らず不合格だった人

受験では、2番目の「勉強を頑張って不合格だった人」が多くいます。

それは全く問題ありません、その不合格は失敗じゃない。

勉強を頑張らず合格した人が一番やばい

問題は「勉強を頑張らず合格した人と頑張らず不合格だった人」です。

受験というのがある程度自分の人生の分岐点であることは、みなさん予想がついてるでしょう。

その分岐点が迫ってるにも関わらず、努力ができない人。

多分その人たちは一生努力することができません。

だって自分の人生の分岐点で努力できない人は、次にどんな状況になったら努力するんですかって話です。

でもあなたは勉強してその結果不合格だった。

それだったらあなたは次もまた絶対に努力できるはず。

「結果が全てじゃ無い」はちょっと違う

よく、結果が全てじゃ無いって大人たちは励ましてきますよね。
もちろん結果が全てじゃ無いですが、これは補足しないといけないことがあります。

”今の”結果が全てじゃ無い、これが正しいです。

努力っていうのはいつか結果を出すためにするもので、死ぬまで結果が出なかったら世間からそれは努力とは認められないのが現実です。

しかし、あなたの高校受験での失敗は次にいくらでも繋げることができます

だからその努力は価値があり、結果が全てじゃ無いって大人たちは言うんです。

僕は高校受験に失敗して、それが死ぬほど悔しかったから高校では無茶苦茶勉強して東大に合格しました。

だから、その悔しさを絶対に忘れちゃダメ。

もう2度と失敗を繰り返しちゃダメ。

次成功したら、あなたの高校受験で落ちた経験は失敗ではなくなります。

「失敗は成功のもと」なんて言いますが、あれは悔しさを忘れなかった一部の人間にだけえることです

なぜ失敗したのか、次失敗しないためにはどうすればいいのか。
そこを徹底的に考えないとダメ。

そして、考えたら自分の今の悔しさを紙やらブログやらに書きなぐっておきましょう
なんならこの記事のコメント欄でもOK。

とりあえず、その悔しさを忘れずに、次の成功に向けていっぽ踏み出すのが今あなたができる最善の行動です。

失敗した後の成功は全世界の全てを覆すほど美しい

僕が高校受験で落ちて流した涙と、東大合格で流した涙。

その両方を経験してるからこそ、成功まで上り詰めた時の景色のすごさを知ってるんです

高ければ高い壁の方が登ったとき気持ちいいもんな

Mr.Children『終わりなき旅』より

ミスチルの『終わりなき旅』には受験の時支えられたなあ。

Mr.Children 終わりなき旅

これを読んでるあなたにはその景色を見て欲しいと心の底から思います。

やる気が出た?

さて、この記事を読んでちょっとでもやる気が出てくれたら嬉しいです。

しかし、やる気があるときに勉強することなんて誰でもできるんですよね

やる気の波が下に来てる時、そのときにいかに踏ん張るかが一番大事です。

この言葉を忘れないようにしてください。

最後に

さて、色々書いてきましたが、結局周りの人が言ってるのと特に変わらない無いようになってしまった気がします。

高校受験、落ちてもあなたの価値が落ちてるわけではありません。

肩書きに現れるかそうでないか、そこだけの違いです。

次成功したらまたこの記事を訪れてください、そして報告を聞きたいです!!

最後に、高校生活、、、死ぬほどエンジョイしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました