オンライン家庭教師とは一体?【特徴からメリットまで】

勉強
スポンサーリンク

どうも、東大生ブロガーのKentoです!

今回はオンライン家庭教師とは一体なんぞやという方に向けて、オンライン家庭教師というサービスの紹介をしようと思います。

オンライン家庭教師ってよく聞くけど、一体なんなんだろう?普通の家庭教師と何か違うのかな?

こういった疑問を持ってる方に向けて、オンライン家庭教師について1から説明します。

この記事を読めばわかること
  • オンライン家庭教師って一体どんなサービスなのか。
  • オンライン家庭教師は普通の家庭教師と何が違うのか、特徴など。
  • オンライン家庭教師の教え方、どうやって始めるのか。

オンライン家庭教師とは?

オンライン家庭教師ってそもそもなに?

オンライン家庭教師というのは、SkypeやZoomといった通話アプリを利用して先生が生徒に勉強を教える取り組みのことです。
お互いの顔が見れるようにして実際に対面して指導されているような感じになります。

指導時間はだいたい1時間から3時間ほどで、それはご家庭の意向や生徒様の学年によってかなり変わってきます。
定期テスト前だけ時間を増やして欲しいというご家庭も多いです。

頻度は毎日のところもあれば、2週間に1度、もしくは決まってなくて生徒側がこの日にやって欲しいと毎回指定してくる場合など様々です。

なんで流行ってるの?

もともとは東京に住んでる先生が地方の生徒に教えたり、田舎すぎて近くに塾や家庭教師センターがない人が依頼するサービスでした。

しかし、2020年2月あたりから流行し始めた新型コロナウイルスにより、リモートや家でできる活動に注目が集まっていますよね。
それにより、オンライン家庭教師も今かなり熱いサービスとなっています。

先生を探す方法はたくさんある

生徒と先生はどうやってマッチするんだろうと思うかもしれません。

基本的には生徒側が先生を選ぶところからスタートします。
もちろん先生が生徒側に僕を家庭教師にどうですか?と雇ってもらうよう依頼することもあります。

そういったサービスや会社が世間にはたくさんあります。
「オンライン家庭教師」でググったらかなり出てくるはず。

あ、でもググるのはちょっと待ってください!

まずはオンライン家庭教師の特徴を知るところから始めましょう。

オンライン家庭教師の特徴

先生の実力が大切

①生徒のわからない箇所をしっかり見抜けるか

対面の授業であれば、生徒の顔色や声のトーンなどがわかりやすいです。
しかし、どうしてもオンラインだとその部分が読めません。

なので、生徒に対する質問の仕方がかなり大切になってきます。

②言いたいことがしっかり伝わるか

オンライン家庭教師では、その場で一緒に教科書をパラパラめくったり確認することができません。自分が書いたノートや今持ってる教材で、生徒にわかりやすく伝える技術が必要になります。

これってコツを掴んだり自分なりの方法を確立してしまえば簡単なのですが、慣れるまでは少し大変かもしれません。

③信頼関係を築けるか

これは特別難しいことでもないのですが、オンラインでの通話になるので雑談の時間を取るのが大変に感じる人もいます。

しかし、これも慣れれば簡単です。というか信頼関係の話は授業回数を重ねていけば自然と作れるようになります

ただ、先生側があまりにも怖かったりすると生徒側も萎縮してしまうので注意が必要かもしれません。

どうやったら3つのポイントを攻略できるのか

上の3つのポイントの攻略法は全てこの記事に乗ってますのでぜひ確認してください。

気になる成績の伸び具合は?

オンラインだからといって普通の家庭教師とそこまで違わない

先ほどはオンライン家庭教師の先生側に求められることを紹介しました。

逆にあれらをクリアしてしまえば、普通の家庭教師と何も変わりません。

勉強の大切なところをしっかり教えることもできますし、知識などももれなく伝えることができます。筆者がオンライン家庭教師をしてわかりづらいと言われたことは一度もありません

あとは生徒次第

もちろん先生側が生徒に自分の勉強の大切さを教えたり、モチベーションが高くなるようなことを言うのは大切です。将来の夢につながるような、生徒さんが興味ある事柄を一緒に探してあげるのも大切でしょう。

しかし、結局は生徒次第なのです。そこは塾や普通の家庭教師と変わりません。

生徒に課した宿題をやってこないと仕方がないですし、授業時間外の勉強も大切になってきます。それをいかに宿題をやってくるよう工夫するかも先生の腕の見せ所何ですけどね!

オンライン家庭教師のメリットは?

ここまで若干オンライン家庭教師のよくない点を紹介してきました。

しかし、僕はオンライン家庭教師は可能性の塊だと確信しています。塾や普通の家庭教師よりも今の時代に合っています。

オンライン家庭教師のメリットについてこの記事で紹介し始めると日が暮れちゃうので、別の記事でまとめておきました。大学受験特化と書いてありますが、他の学年の人にも共通して言えることが載っています。

オンライン家庭教師に期待できること

①生徒の成績UP

これは当たり前のように思えますが、対面の授業に比べて余分な時間がオンライン家庭教師では少なくなります。なので、成績UPの点でいうとかなり期待できるんです。

志望校合格や、定期テストの点数UPなどそれぞれ得意な先生を全国から募集することができるのがオンライン家庭教師の強みでもあるので、目的に合わせた先生を選ぶことができます。

実際、僕が指導した場合もオンライン家庭教師で担当していた子の成績はぐんぐん伸びました。なので、オンライン家庭教師を始めると生徒さんの勉強の問題を解決することが期待できます

②情報の仕入れ

これは特に地方や田舎に住んでる子たちにとって朗報です。

もちろん全国の教師を選ぶことができるわけですから、都市部の先生を雇うことだってできます。都市部の予備校などが出す情報を知ってる先生がとても多いので、それを指導に活かせるというわけです。

例えば、「東大の毎年の傾向やどういった問題が予想されているか」などはインターネット上ではなかなか見つかりませんが、予備校ではよく先生から教えられます。これらをオンラインの先生から教えてもらえるのはかなりありがたい話。

そして、地方の先生ではなく都会の先生からの話を聞くことで世界観が広がることもあります

僕は東大での勉強内容を生徒に話してあげたとき、そんな学問があるのかとめちゃくちゃ驚いていたのを今でも覚えています。夢や知識の幅を広げることができるのは、オンライン家庭教師の大きな魅力の一つですね。

③時間の短縮

例えば、他の習い事をしている人や塾が忙しい人にとってオンライン家庭教師は有力です。

なぜなら部屋に先生が来ることもないので掃除もしなくていいし、家から受講できます。部活で疲れた子供や勉強で忙しい人にとってはかなり助かる仕様ですよね。

オンライン家庭教師ってどうやって始めればいいの?

ではどうやってオンライン家庭教師を始めればいいのでしょうか?

オンライン家庭教師を始めるにあたって、まず選ばないといけないのは会社やサービスです。これらについて触れていきます。

オンライン家庭教師には2つの形態がある

オンライン家庭教師は個人契約と会社契約の2つの方法があります。先ほど紹介した家庭教師のメリットを書いた記事にも書きましたが、両者の違いをざっと説明すると、

個人契約は
  • 生徒側と先生側が直接契約すること
  • 仲介する会社がないので、手数料等が掛からない
  • 教え方が先生によってそれぞれ
会社契約は
  • 先生と生徒を仲介する会社がある契約のこと
  • 毎月の授業料が高くなるが、もしものトラブルがあったときに安心
  • 教え方の講習等があるので、指導の質は一定保たれている

詳しいことを知りたい方は、先ほど紹介した記事を読んでもらえればなと思います。

それぞれのおすすめサービスは?

もちろん個人契約のマッチングサイトも、会社契約の家庭教師センターも世の中にあふれています。僕も先生として今まで20以上のサービスや会社に登録してきました。

そんな僕がおすすめする会社は3つ、個人契約のサイトがダントツの1つがあります。その計4つを紹介した記事も書いておきましたので、オンライン家庭教師をお願いしたいと感じた人はぜひのぞいてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました