【丸パクリOK】オンライン家庭教師の教え方を解説【具体例あり】

勉強
スポンサーリンク

今回は家庭教師歴3年の筆者が、オンライン家庭教師での教え方について解説していきます!

悩み中...
悩み中…

オンライン家庭教師を始めたいけど、具体的にどうやって教えればいいんだろう…。個人契約だから会社とかから具体的な指導方法教えてもらえないしなあ。

オンライン家庭教師が話題になってる中、この記事を読んでるそこのあなたも始めようと思ってるのではないでしょうか?

しかし、オンライン家庭教師を初めてするにあたって不安なことも多いはずです。

なので今回はオンライン家庭教師の経験もある筆者が、個人契約でも安心して指導に取り組める方法を解説します!

普通の人なら躓いてしまうところも、この記事を読めば具体的な指導方法がわかるはずです。

この記事はこんな人にオススメ
  • オンライン家庭教師を今から始めたいけど失敗したくない人。
  • オンライン家庭教師を雇いたいけど、どんな指導になるのか気になる人。
  • オンライン家庭教師の様子を知りたい人。

僕自身オンライン家庭教師をしたこともあり、東北に住んでいた高校3年生の女の子を指導しました。

9月から物理を担当したのですが、その時は4ヶ月で成績もかなり伸びました。

センター試験では本番最高得点を叩き出し、「先生の指導がわかりやすかったおかげです。」と言ってくれた時は本当に感動しました。

詳しくは別記事に僕の家庭教師経験をまとめたものがありますのでそちらをご覧ください。

→3年間家庭教師をした東大生の体験談【家庭教師を雇うか迷っている方へ】

このようにある程度経験してきたので、今から解説することはそれなりに根拠があります

ということでさっそく本題に入っていきましょう。

オンライン家庭教師の教え方(設備なし)

今回は個人契約でオンライン家庭教師をする場合を想定しています。

逆に会社契約だったら、この記事なんてみなくても会社が手元カメラやペンタブ等用意してくれるのではないでしょうか?

ちなみに僕は会社契約で家庭教師をしたことがほとんどないので詳しくは知りません(笑)

てことで、今回は指導方法を教えてくれる人や設備を支給してくれる人がいない場合を想定して解説していこうと思います!

まずは基本設備の確認から

基本設備とは以下になります。

  • 十分な通信速度を持った回線
  • PCまたはタブレット(SkypeまたはZoom等をインストール済)
  • Webカメラ
  • SkypeまたはZoomのアカウント
  • カメラ機能を持ったスマホまたはタブレット

回線は大丈夫?

まずWi-Fiの目安ですが、友人や両親とLINE電話等をして不便がないようであれば大丈夫です。

プチプチ切れちゃうようなら、普段から回線が悪いと思うのでこれを機に見直すのもありかもしれません。

回線が大事なオンラインゲームやネットビジネスをしない限りは、使い放題の「SoftBank Air」がおすすめ。

回線工事がいらないので、一人暮らしをしている大学生なんかにとっては助かります。

SoftBank Air

PCまたはタブレット

生徒と通話するときに使用します。

スマホでもいいですが、向こうから送られてきたプリントを見たりするためなど何かと画面が大きい方が便利です。

あと、SkypeかZoomはインストールしておきましょう。

ただインストールしておくだけじゃなくて、アカウント作成も忘れずに!

Googleのアカウントがあればすぐ作れます。

Webカメラ

ここでいうWebカメラとは、手元を写すためのものではないです。

PCやタブレットに内臓PCがない人のために、相手に自分の顔を見てもらうためのカメラになります。

ほとんどのPCに内カメラがついていると思うので、必要ない方もいると思いますが、ない人はWebカメラを購入しましょう。

僕が少しだけ会社契約で家庭教師をやったときに送られてきたカメラがこちらになります。

ロジクールはこの業界では有名なので品質は保証されています。

カメラ機能を持ったスマホかタブレット

これは自分で撮影したプリントやノートを送るときにカメラ機能は必須となります。

ほとんどの人がスマホを持ってると思うので、撮影したものを相手に送るツールがあればそれでOKです。

Skypeなら直接送れますし、LINEで送るのもアリだと思います。

教え方その①:カメラは常に顔が見えるようにしよう

教師と生徒がお互いに緊張感を保てるよう、なるべく授業中はお互いの顔を映すようにしましょう。

そのために先ほど紹介したWebカメラが必要となります。

オンライン家庭教師とはいえど、流石にお互いの顔を一度も見せない状態だと信頼関係も築けません。

もちろん例外もあります。

自分の書いたノートを生徒に送るときや、ハンドカメラがある人は手元を映すことも多いですよね。

その際はもちろん顔を映すことはできません。

ここで言いたいのは、特に作業することがないときや口頭での説明をしているときはなるべくお互いに顔を映しましょうということです。

教え方その②:指導スケジュールは固定しよう

オンライン家庭教師では指導の時間割りを固定することが大切です。

僕の1回の指導スケジュール(1回1時間半)はこんな感じでした。

1.前回出した宿題の確認をする。

2.宿題以外に、自習でわからないところや疑問があればそれを解決する。ここまで約30分〜約45分

3.生徒と初見問題を解く。(時間を決めるのが大切)

4.時間内に終わったところだけ一旦確認する。

5.終わらなかったところは宿題に回す。

6.他に次回までの宿題を出し、次回の日にちと時間を決めて終了全部で90分

宿題を軸にした指導をしよう

スケジュールを見てもらえればわかると思いますが、宿題は必ず出していましたし、授業の前半はそれの解説をしていました。

オンライン授業は対面の授業と違ってアドリブを作らないことが大切です。

なので僕は宿題を軸に指導をルーティン化することで、授業時間が余ることを防いでいました。

初見の問題集を生徒と解こう

そして、もう一つの取り組みが初見問題を一緒に生徒と解くという作業です。

これはそもそも生徒側にとってかなり力がつく方法なので、僕自身は対面授業でも毎回やっています。

ただ、オンライン授業の場合、これによって先生側のノートを作る時間が生まれます。

生徒が解いてる間に、自分がノートを作りその写真を生徒に送る。

そしてそのノートをもとに問題の解説をして、その日の授業が終了。

こんな感じで僕はずっとオンライン家庭教師をやっていました。

問題集は先生側が選ぼう

そしてこの初見の問題集は先生が選んであげてください。

自前のオススメの参考書・問題集でもいいですし、自信がなければ僕の書いた以下の記事を参考にしてもらえればなと思います。

→【東大生が厳選】高校英語オススメの問題集・参考書

→【東大合格までの道のり】高校数学オススメ参考書

→高校物理オススメの問題集・参考書【基礎編】(初心者編と応用編もリンク先にあります)

教え方その③:生徒からの質問について

生徒が理解しているかを把握する

オンライン授業では、生徒の顔や雰囲気から理解度を把握することが難しくなっています。

なので、問題を解説するたびにわからないところがないか確認してあげるようにしましょう。

この時に大切なのが「わかった?」や「質問ある?」と聞くだけではなく、類似問題を聞いてあげることです

「じゃあ逆にここの角度が30度だったら答えはどうなる?」みたいな感じで聞いてあげましょう。

過程がわかっていれば解けるようになってるはずです。

授業時間外でも質問OKにしてあげよう

オンラインでのやり取りが多い分、授業時間外の質問も生徒側がしやすくなっています。

対面授業だとわざわざLINEすることに生徒側が抵抗を持ちますからね。

オンラインは理解度の把握が難しい分、そのあたりのサービスも大切になってきます。

僕は、簡単にその場で返せるような質問にはLINEで返して、難しい質問は次の授業で回答するようにしていました。

オンライン家庭教師を雇いたい方へ

ここまではオンライン家庭教師のやり方について説明してきました。

個人契約でオンライン家庭教師を雇うのもありなのでは?と思った方もいるでしょう。

そんなあなたに、すぐに動き出せるようオススメのサービスを1つ紹介します。

個人契約ならこのサービス1択

僕がオススメするのは「スマートレーダー」という生徒と家庭教師をマッチングするサービスです。

依頼の際はオンラインでも対面授業でもどちらも選ぶことが可能です。

僕の後輩はこれでマッチした教師に指導されて東大に合格しました。

ちなみに僕もこのサービスに教師として登録しているのですが、オンライン指導をしたこともあります!

色々とメリットはあるのですが、1番のメリットは先生の質が他のサイトに比べてぶっちぎってるところです。

オンライン授業は特に先生の腕が大切になります。

東大や一橋、東工大など超難関国立大に通っている先生がたくさんいます。

そして、AIが能力に応じて時給を診断しているので、指導をお願いする側もこちらの事業に合わせた先生選びが可能です。

無料で登録すればどんな先生がいるのか探すこともできますので、とりあえず雰囲気を掴むだけでも登録することをおすすめします!

 

当ブログ(東大生のツラツラ)の関連記事

→大学受験にオンライン家庭教師がオススメな訳【実体験】

→Zoom等のオンライン家庭教師で本当に成績は上がるの?【体験談】

コメント

タイトルとURLをコピーしました