【東大生が厳選】高校英語オススメの問題集・参考書

勉強
スポンサーリンク

今回は僕が東大合格までに使用した英語の参考書の中から、絶対に成績UPに繋がるものを厳選して紹介します!

東大英語に通用する力をつけるにはもちろん、そもそも参考書としての質が高いものばかりを選んでいるので受験勉強で欠かせないものばかりとなっています。

英語という教科は割とたくさんのパートに分かれて参考書が販売されているので、今回は

  • 【英単語・文法】編
  • 【英文解釈・英作文】編
  • 【長文読解】編
  • 【リスニング】編

かなり長くなるので自分が気になる箇所だけチェックするのでも良いですし、とりあえず一通り目を通すのもオススメです。

というわけで早速本題の方に入っていこうと思います!

英語以外の教科が気になる方がいらっしゃいましたら、こちらの記事もご確認ください!

→【東大生の私が断言する】高校物理オススメの参考書・問題集はこちら

→【東大合格までの道のり】高校数学オススメ参考書・問題集

【英単語・文法】編 

green mountain across body of water

『システム英単語』

システム英単語<5訂版> | 霜 康司, 刀祢 雅彦 |本 | 通販 | Amazon

これはかなり有名な単語帳でシス単と呼ばれることが多く、聞いたことある方もいると思います。

単語帳なんてたくさんありますが、僕がこれをオススメする理由は「ミニマルフレーズ」という短文を使いながら単語を覚えることができるからです。

単語が左のページに書いてあって、右のページにはその単語の意味や長い例文が書かれている単語帳を見たことはありませんか?

しかし、長い例文なんて1単語ずつ目を通してられないのも事実です。

なのでそのような単語帳を使うと、英単語の日本語訳だけを覚える形になります。

単語というのは文章で使われた初めて意味を持ちます、決して単体だけではその単語の具体的な使い方を知ることはできません。

そこで、今回紹介するシス単の「ミニマルフレーズ」という短い文章が活きるわけです。

これを読みながら単語を覚える形になっているので、この単語帳を使えば長文読解で即戦力となる単語力をつけることができます。

さらに、レベル別に分かれており基礎から難関国立大レベルまでの英単語が収録されているので、センター試験から東大合格まで幅広い層に対応しています。

単語帳を探している方がいらっしゃったらぜひ使ってみてください。

その質は今までの受験生たちに保証されています!

筆者
筆者

シス単は本当に良い単語集なので、家庭教師先でも迷ったらこれを勧めていました!!

『東大英単語熟語鉄壁』

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁 | 鉄緑会英語科 |本 | 通販 | Amazon

鉄壁と呼ばれるこの単語帳ですが、システム英単語に比べてかなり分厚いです。

理由は、この単語帳は一つの単語についてたくさんの語法をのせていたり、熟語ものせていたりとそもそもの内容量が多いからですね。

東大を受験する人だけでなく、どの大学を受験するにしても必要になる単語もたくさん載っています。

なので英語の細部までしっかりと調べ尽くしてどんな単語も知ってるようになりたいという人にはシス単より鉄壁をオススメします

それとシス単に比べて根気も必要になると思います。

本気でやり遂げる気持ちがある人にはこちらの単語帳をオススメしています。

『Next Stage』

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服 | 瓜生 豊 ...

この本は英文法から頻出の英熟語、慣用句、アクセント等を勉強することができます。

英語という教科の中でもそのような範囲はどうしても後回しにしがちだったり、あやふやになってるままのことが多くないですか?

この「Next Stage」はそんなかゆいところを一斉に洗ってくれる成績upには欠かせない参考書となっています。

ちなみにこの参考書で出てくるものを全てマスターすれば、センター試験で文法や英熟語の問題でこけることは必ず無くなります。

僕の高校でも、文法の問題や英熟語の問題は3年間全てこの問題集だけで完結していました。

それで塾にも行かず、東大京大に合格する人がたくさんいたので、この参考書は信頼できます。

それくらい網羅率が高いのですが、その分全部やろうとしたら時間がかかるのも事実です。

なので、時間がある場合を除いて、自分の不安な分野からやると成果が出やすいです。

せっかく英語の勉強をするんですから、基礎となる文法や慣用句等を今のうちにしっかりマスターしておきましょう!

筆者
筆者

文法や慣用句などを問題形式で勉強したい人にはぴったりの参考書です。これさえすれば苦手になりがちな分野を潰せます!!

【英文解釈・英作文】編

green spruce tree far at gray rocky mountains during daytime photography

『英文熟考』

大学受験のための英文熟考 上 (熟考シリーズ) | 竹岡 広信 |本 | 通販 ...

こちらの問題集は、僕が英文読解の力をつける手がかりとなったものです。

さてこの問題集の表紙に「英文法以上、英語長文以前」と書いてあります。

文字通り長文とは言えないくらいの英文を和訳する問題が収録されているのですが、その問題の一つ一つにテーマが決められています。

仮定法や分詞構文など受験生が苦手とするテーマが盛りだくさん。

しかも、何よりオススメしたいのが解説の量と質です。

一つの問題に対して最低でも2ページは解説が設けられています。

その解説によって、どの文がどのように修飾しているのかなどを理解することができるようになります。

また、英文にじっくり向き合ってどんな構造をしてるのかを考える機会ってあまりないと思うんです。

この問題集を通してその熟考をすることで、長文読解をするときに必要な読解力が必ず身につきます。

どんな大学にも長めの文を和訳させる問題って出題されると思うので、その対策にもぴったりの1冊です。

個人的にはこの問題集を解けばかなり英語の力が伸びると思うので、英語の底力をあげたいという人は今すぐ取り組むことをオススメします!

筆者
筆者

文字通りじっくり考えることで英語の力を養う本書ですが、上下解き終わったあとは見える英語の世界が違うはずです!

『例解 和文英訳教本』

例解 和文英訳教本 (文法矯正編) --英文表現力を豊かにする | 小倉 弘 ...

日本人が勘違いしがちな英語の概念を変えてくれるともに、英作文の練習にもなるという一粒で二度美味しい参考書です。

この参考書を勉強すると、いかに私たちが不自然な英作文を書いているかというのが理解できます。

しかも、英作文で必要なテクニックも学べるのでこの参考書をするだけで他の受験生たちに差をつけることができるのは間違いありません。

英作文で頻出の表現や、知ってるだけで英文を書きやすくなる慣用句が問題ごとにまとめてあるのも魅力の一つです。

この本を勉強すれば

  • 「a」と「the」の使い分けの差。
  • 現在形は現在を表す語法ではない。
  • 口語体と文語体の違い。

例ですが、このようなことが理解できるようになります。

他の受験生に差をつけるためには圧倒的にオススメな参考書の一つとなっていますので、ぜひ手に取ってくださいね。

筆者
筆者

「stop runningと「stop to run」の違いをわかる人もわからない人も、その理由まで知ることができるのがこの参考書の強みです。英語を深く理解するためには欠かせません!

【長文読解】編

photo of mountain

『やっておきたい長文読解シリーズ』

やっておきたい英語長文300 / 杉山俊一 - 紀伊國屋書店ウェブストア

これは河合塾が出版している長文読解シリーズですが300、500、700、1000と4つのレベル別に分かれています。

300が簡単で1000が難しいのですが、500や700もそこそこ難しいです。

特に700は最初の方に収録されている問題が特に難しく、序盤からペースを挫かれることもしばしば。

この問題集を推薦した理由は適度な問題数があり、問題の質が高いからです。

全文和訳が載っているのも高評価で、自分の分からなかった単語などが出てきたら問題に直接関係なくてもメモして置いたりするのも良いでしょう。

また、最後の1000のレベルはかなり長い英文が収録されており、この問題を解くことで英語のスタミナをつけることができるというのもポイントです。

センター試験なんかは一つ一つの英文が短くても、休む暇なく次の問題を読まないといけません。

そういった面で、この問題集はスタミナをつけるのに非常に役に立ちます。

英語の長文問題集で迷ってる方らいらっしゃったらこの問題集を購入することをオススメします。

『自分が志望する大学の過去問』

さて、これは特に何か参考書を指定するわけでもないのですが、長文読解は自分の大学の過去問をどんどん解き進めることをオススメします。

理由としては、英語ってどうしても1年分やるのに時間がかかってしまうので、直前に詰め切ろうとしても過去問を全部解けずに本番にのぞむことが多くなります。

そうなるんだったら、もう演習の時点で過去問の長文読解を使っちゃおうという魂胆です。

僕は東大の長文の過去問はすでに高三の夏前には解き始めていました。

あとでやることがなくなるのではないかと不安に思う方もいらっしゃると思いますが、そうなったら他の大学の過去問や問題集を解けば良い話です。

過去問はもったいぶらずに早めにやることを心がけてください!

【リスニング】編

river near mountains

『キムタツの東大英語リスニング』

最後はリスニング編となります。

リスニングが入試で出題される大学はそこまで多くなく、多くの人がセンター試験レベルさえクリアできれば良いという方が多いと思います。

この問題集はどちらかというと、英語のリスニングが二次試験で出題される方向けのものとなります。

まず、この本をオススメする理由ですが、問題の量が多く後ろのページに行くほど難易度が上がっていきます。

リスニングというのは毎日やって初めて伸びる分野なので、難易度が徐々に上がっていく問題形式だと実力がつきやすいです。

さらに、この本は普通のリスニング教材では収録されていないような長文が出題されるので、リスニングのスタミナががっつり付きます。

東大リスニングと書いてありますが、東大では30分もリスニングを聞かされるのでスタミナが必要になるわけです。

東大以外のリスニング対策にもスタミナをつけることは非常に大切ですので、がっつりリスニングの勉強をしたいという方はこの本をオススメします。

レベル別に3つありますので、最初はBASICから始めると良いでしょう。

TED talks

person discussing while standing in front of a large screen in front of people inside dim-lighted room

これは参考書や問題集ではなく、英語でプレゼンを話す人を集めた動画サイトのようなものになります。

僕は受験生の頃、毎日このサイトで何か一本動画を見てから寝るようにしていました。

リスニングでは、必ずしも話し方が聞きやすい人ばかりではありません。

このサイトではイギリス訛りの英語で話す人ももちろんいますので、そのようなリアルな英語に触れる機会としてはうってつけです。

しかも、そもそもこの動画サイトに載っているプレゼンの内容そのものが興味深いです。

僕が説明するよりも、サイトを見てもらった方が早いと思うのでリンクを貼っておきます。

→TED talksはこちら 

photo of mountain covered of snow during cloudy sky

以上が僕が紹介したい英語の参考書・問題集となります。

本当に質が良いものを厳選して紹介したので、自信を持って取り組んでもらえたら嬉しいです。

これを読んでくださった人が良い参考書・問題集に出会えたら嬉しいです。

 

当ブログ(東大生のツラツラ)では、他にも受験生に役立つ記事を発信しております。

→【体験談】Zoom等のオンライン家庭教師で本当に成績は上がるの?

→必ず成績の上がる参考書の使い方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました