【ポケモン剣盾】食べ残しアシレーヌの育成論とおすすめパーティ

ゲーム
スポンサーリンク

今回はポケモン剣盾のシーズン4におけるおすすめパーティの紹介と、友人から教えていただいたおすすめのアシレーヌ育成論の紹介となります。

ポケモンのレート対戦は今作が初めてだったのですが、割とコツを掴めてきたので今回はそのような記事を書くことにしました。

シーズン始まって間もないですが、上のように好成績を保てています。

今回はパーティの紹介もしつつ、アシレーヌの育成論をメインとした記事です。

さっそく本題の方に入りましょう。

アシレーヌ育成論

まず、アシレーヌはシーズン4で解禁されたポケモンですが、見た目の美しさはポケモンの中でもトップクラスだと勝手に思っています。

また、見た目だけで終わるポケモンではなく、種族値も中々優秀なポケモンです。

上の画像の通り、特にとくこうととくぼうが高いポケモンとなっています(ポケ徹さんの記事参照)

そして、今回この高いc(とくこう)とd(とくぼう)を活かした2通りの育成論を紹介いたします。

  • h(HP)cぶっぱの高火力押し付けメガネ型
  • hとbぼうぎょ)に厚く振った、残飯型

hcぶっぱのメガネ型アシレーヌ

「アシレーヌ」の画像検索結果

hc余りs  特性:げきりゅう  持ちもの:こだわりメガネ  性格:控えめ

  • うたかたのアリア
  • ムーンフォース
  • エナジーボール
  • サイコキネシス

これは、割とメジャーな型になるのではないでしょうか?

アシレーヌのもともと高い火力にさらにメガネを持たせることで、容易な受けだしを許さない型となっています

さらに、アシレーヌは広い技範囲を持っているので交代先を読んで、相手に致命傷を負わせることも狙えます。

技構成はメインウェポンである「うたかたのアリア」と「ムーンフォース」は確定。

ちょすい持ちのトリトドンやガマゲロゲ、ヌオー、そして環境に多いラプラスに対する対する有効打が欲しいので草技の「エナジーボール」も確定です。

そして@1の技なのですが、ドヒドイデが悠々と受けに来ると思うので、不意をつける「サイコキネシス」がおすすめです。

アシレーヌがそもそも耐久があるポケモンなので、交代してきたポケモンも相手の攻撃を1回耐えつつ、2回高火力を押し付けることができます。

ただ、ヌオーやドヒドイデなど、技をこだわってから受けられると引かざるを得ない状況になることがほとんどです。

なので、上手く使えばかなりのぶっ壊れ性能を誇りますが、使い方を間違えればその試合を左右しかねないポケモンとなります。

そしてもう一つ、アシレーヌの弱点があります。

それはb方面が薄く、s(すばやさ)が遅いということです。

なので、高火力の物理技を上から押し付けられた場合、しっかり耐えるか微妙なところです。

こうやって考えていくと、sも高くて一貫性が高い悪技を上から打てる「めがねサザンドラ」の方が強いのではないかとも思えてきます笑

ただ、めがねアシレーヌは型が読まれづらいというのが特徴なので、なめてかかってきた敵を返り討ちにできたことも多かったです。

めがねアシレーヌのまとめ
  • 高火力とd方面の厚さを活かし、撃ち合いが強くなれる
  • 広い技範囲を備えており、交代先に撃つ高火力技が相手の致命傷となる
  • 高火力物理アタッカーに弱い
  • めがね持ちは技の選択の一つ一つが大切になってくるので難しい

HB型食べ残しアシレーヌ

「アシレーヌ」の画像検索結果

h172b252c28d4s52  特性:げきりゅう  持ちもの:食べ残し 性格:控えめ

  • うたかたのアリア
  • ムーンフォース
  • めいそう
  • 身代わり

こちらは、僕の友人から教えていただいたHB型のアシレーヌとなります。

  • アシレーヌの弱点であるbの薄さを補うためにbは252
  • そしてHPは16n+1(食べ残し最大効率)
  • sはs4振りブラッキー(65族)抜き
  • そしてcは11nになっているので、ひかえめで1.1倍になった時に最大効率
  • 余りd4

はっきり言って神調整です。(Special thanks to ギョロちゃん)

さて、この型ですが、まずブラッキーやコータス、ドヒドイデなどの低速ポケモンたちを一斉に起点にできます。

みがわりから入ることで相手のあくびを空かすことが可能です。

しかも、環境にみがわり持ちのアシレーヌがいないので、型を読まれることはほとんどありません。

なので、受け相手にはこのポケモンを入れてるだけでめっぽう強くなります。

しかも、b方面が硬くなっている分、火力は落ちますが物理アタッカーとの撃ち合いも可能になっています。

耐久があるので、体力が3分の1以下になった時に発動する特性げきりゅうとも相性がいいです。

有利対面ではめいそうを積むことで、交換先がどんなポケモンでもだいたい強く出ることができます。

メガネ持ちの欠点は、交代先で受けきることができるようなポケモンが出てきたら、引くしか手がなくなる点でした。

ただ、このかたは交代に合わせて瞑想を積むことができるので、かなり相性が良いです。

ただ、技範囲がどうしても狭くなってしまいます。

しかし水技とフェアリー技があれば、ほとんどのポケモンに等倍以上のダメージを与えることができると思うので、苦手なポケモンはそう多くありません。

ただ、ナットレイに対してはかなり不利対面となるので選出は避けた方が良さそうです。

(関係ないですがゲームは人生の無駄なのか、東大生である筆者が考察した記事がありますのでご覧ください笑)

→ゲームは時間の無駄なのか?【人生変わった東大生】

耐久振り残飯アシレーヌのまとめ
  • メガネ持ちに比べて扱いが楽
  • 受けポケモンたちを起点にできる
  • 火力はメガネ持ちに比べたら低いが、撃ち合い性能は耐久に振ってるため優秀
  • 技範囲は狭くなっている

アシレーヌと組む際のオススメポケモン

アシレーヌのタイプ相性とbの高さの面からして完璧な補完を持つポケモンがいます。

それがナットレイです。

「ナットレイ」の画像検索結果

アシレーヌとナットレイを組み合わせれば、お互いを補完し合って弱点がなくなります。

有名なサザンドラとギルガルドで言われる、サザンガルドと同じ考え方ですね。

なので、この2体でサイクルを回しつつ、宿り木やアシレーヌの積みの起点とすることが容易になります。

ただそれだと地面や飛行の一貫ができてしまい、特にダイジェットの通りが良くなってしまうので、そこのあたりを埋めれるポケモンをパーティに入れていくと良いと思います。

アシレーヌナットレイの組み合わせ
  • ナットレイの最大の弱点である炎技をアシレーヌで受けることができるのが偉い。
  • また、アシレーヌのbの低さを補うようにナットレイのbが高いので補完はバッチリ。
  • ただ、どちらも低速のポケモンなので、ナットレイが挑発で積みの起点にされたり上から超火力で押される展開が怖い。
  • 特に、ダイジェットの一貫が怖いのでそれらを対策する必要がある。

例えば、アマーガアは地面と飛行の一貫をどちらもきることができます。

ただ、火ロトムがとても重たくなってしまうのでそれも考えなければなりません。

相手がメガネ持ちロトムだった場合、ロトムで一回こだわらせてから後ろに引くという動きを何回もしました笑

アシレーヌ入りのパーティ例

そして、僕が今潜っているパーティはこちらです。

レンタルできるようにしておいたので良かったら使ってみてください。

ちなみに、構築の経緯を簡単に説明します。

努力値等はまだ確定した訳ではないので今回は載せないでおきます。

アシレーヌは先ほど紹介した努力値で確定です。

「パッチラゴン」の画像検索結果

パッチラゴン

  • アーマーガアとのタイプ相性が良く、ガアパッチでサイクルを回す事が可能であったので採用。
  • 現環境で一定数いる巨大マックスラプラスの対策にもなる。
  • パーティ全体でsが遅く、持ち物の相性が良いこだわりスカーフを持たせた。
  • じしんは炎技に変えた方がいいかもしれないです
「カビゴン」の画像検索結果

カビゴン

  • 相手のカビゴンがのろいなどを積んできた場合、突破できない恐れがあったのでDDラリアット持ちのカビゴンを採用
  • ナットレイで炎技を誘い、カビゴンに引いてからのろいの起点にする動きが強かった
  • アシレーヌナットカビの選出がかなり安定する。
「ヒヒダルマ」の画像検索結果

ヒヒダルマ(ガラルのすがた)

  • タスキ枠が余っていたこと、こおりや格闘、炎技の打点が欲しかったことから環境であまりみないダルマモードのヒヒダルマを採用
  • 初手で置いたら、基本相手はスカーフを警戒してくるので、技を打ち替えできるのが強かった。
  • また、案外相手のダイマックスターンを枯らして切り返す要員としても使えた。
  • ここの枠は基本まだ迷い中。

いかがでしたでしょうか。

パーティは参考程度に考えてもらえたら嬉しいです、これからまた質を上げていきます。

アシレーヌの育成論の方はぜひ使ってみてもらえたら嬉しいです。

友人のTwitter ID(@gyoro0503)なので良かったらフォローお願いします。

ポケモン以外にもどうぶつの森が最近激アツですね、オンラインコードならすぐダウンロードできるのでこの機会にいかがですか?

 

当ブログ(東大生のツラツラ)の人気記事

→ゲームは時間の無駄なのか?【スプラで人生変わった東大生】はこちら

初心者がブログを1ヶ月書き続けた結果はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました