音楽を聞きながら勉強したい方必見!【効率重視でいこう】

勉強
スポンサーリンク

あなたは音楽を聞きながら勉強していますか?

悩み中...
悩み中…

音楽を聞きながら勉強するのってあんまり効率よくないよな…。でも音楽聞きながらじゃないと勉強できない、どうしよう。

実際、勉強はとても疲れるし嫌いな教科は退屈でしょう。

音楽を聞きながらだったらある程度やる気が湧きますし、聴いてない時よりも集中できるという方もいると思います。

しかし、デメリットが大きいのも事実です。

そこで今回は、「音楽を聞きながら勉強することをやめないといけないの?」と思っていた方に音楽とうまく付き合っていく方法を紹介します。

そのためにまずは音楽を聞きながら勉強することの、良い点と悪い点をそれぞれ紹介します。

そしてその後に、音楽を有効的に使う方法を解説していきます。

結論から言うと、音楽は30分経ってから切り替えることが大切です。

ということでさっそく本題に入りましょう!

音楽を聞きながら勉強することの「メリット」

メリットその①:集中しやすくなる

これはもちろん人によりますが、音楽を聞きながら勉強すると、自分の世界に入り込んで集中しやすくなるという人がいると思います。

周りがシーンとしてるとなぜか集中できない、雑音が多少あった方が集中できるという人もかなり多いです。

勉強を始めても集中できなかったら意味がないので、それなら音楽という力を借りて集中しやすくした方がいいですよね。

ちなみに音楽が好きな人は、ある程度音楽を聞いていると集中しやすくなるというデータがあります

ただ、その集中できる勉強内容(ただの計算や暗記、難しい数学の問題など)にも色々と違いがあるのでそれはあとで述べることにします。

とりあえず、集中できるようになる人がいるというのも事実です。

メリットその②:退屈な勉強がマシになる

あなたは、勉強することが好きだ!と胸を張って言えますか?

ちなみに僕も、高校3年生の途中くらいまでは、勉強が好きではなかったです。

(途中から勉強しかしなくなって、なんだか勉強が好きになっていました…笑)

そんな退屈な勉強ですが、音楽を聞きながらだったら少しはやる気が湧くのではないでしょうか?

勉強を始める気が起きなくとも、とりあえず机に座って音楽を聞いていたら勉強のやる気が多少上がるはずです。

勉強を始めるためのきっかけとしても、音楽を聞くことは優秀であると言えるでしょう。

メリットその③:記憶の定着に役立つ可能性あり

みなさん、卒業式の卒業証書授与の時を思い出してみてください。

その時、かの有名なパッヘルベルの「カノン」が流れてはいませんでしたか?

多分卒業式でなくともどこかで聞いたことがあるはずです。

パッヘルベル カノン

そしてこの曲を聴いた時、卒業式の様子が思い出されませんでしたか?

このように、何かの出来事を経験した時、その時の周りの音や状況なども一緒に記憶することを「エピソード記憶」と言います。

音楽を聴きながら勉強すると、このエピソード記憶を使う事により勉強の定着が見込めるわけです。

例えば、嵐の曲を聴きながらずっと勉強してたら、嵐の曲を聴いたときにその勉強内容が思い出せるといった風です。

ただ単純に暗記しようとするとなかなか大変ですが、音楽に限らず何かエピソードと結びつけて記憶しようとすると割と楽に覚えることができます

これにより勉強の効率も上がるでしょう。

さて、ここまでは音楽を聞きながら勉強するメリットを紹介してきましたが、次は悪い点を紹介していきます。

音楽を聴きながら勉強することの「デメリット」

デメリットその①:音楽なしでは集中できなくなる

普段からずっと音楽を聞きながら勉強していると、音楽なしの無音の状態で勉強することが辛くなります。

それで結局音楽を聞く習慣がついていくわけですが、試験の時は音楽を聴くわけにはいきません。

その時に集中できないようでは、日頃の勉強の意味が無くなります。

試験は普段と同じように解くことがとても求められるので、普段のコンディションと異なるところを一つでも減らしたいです。

デメリットその②:どうしても音楽に気が取られてしまう

音楽なしで集中できる人に比べて、音楽ありで集中している人の集中力はどうしても劣ってしまいます。

例えば自分の好きな曲を流している時、もうちょっとでサビだ!って思うと音楽に気が取られてしまいませんか?

それだと、集中するために音楽を流しているのに逆効果です。

BGMとして機能しているならOK

実際、音楽を流してても集中できてる時って、音楽が聞こえてるようで聞こえてないんですよね。

それくらい集中できているなら、BGMを流してる意味があります。

流れてる曲に合わせて口ずさむようだと、やはり集中できておらず勉強の効率が落ちています。

暗記科目なんかをやってる場合は特に気が取られてしまうと思います。

なので数学の難しい問題を解く時や、暗記科目を勉強する時は音楽を聞くのをやめましょう。

さて、ここまで音楽を聞きながら勉強することのメリットとデメリットについて紹介してきました。

これらの良し悪しを踏まえながら、「音楽と上手に付き合う方法」を紹介します。

音楽を聞きながら効率よく勉強するために

最初の30分は音楽を聞きながら勉強しても良い

まず、勉強のやる気を出すために音楽を聞いてるという方も多いと思います。

そのために、まず最初の30分は音楽を聞きながら勉強しましょう

その際音楽のジャンルは問いません。

自分の好きなアーティストのものでもOKです。

しかし、勉強の内容はなるべく暗記ものは避けるようにしてください。

先ほども書きましたが、音楽を聞きながら頭を動かそうとしても、なかなか集中できないことが多いです。

最初の30分は単純作業になりがちな数学や理科の計算問題をやりましょう。

30分後はクラシックや洋楽を

そして30分音楽を聞きながら勉強できたら、音楽の種類をクラシックや洋楽など歌詞がなかったり歌詞の意味がわからないものにしましょう。

これであれば音楽が流れているという状態を維持しながらも、曲自体に集中してしまうことを出来るだけ避けることができます。

ポイントとしては、なるべく音楽の切り替えに時間を使わないことです。

そこで携帯を開いてSNSなどを見てしまった場合、せっかく前半30分で作った勉強のリズムが崩れてしまいます。

ここから勉強の内容は暗記ものでもなんでもOKです。

ちょっとずつ音楽から離れよう

そして、理想的なのが、最終的に音楽を聞かないで勉強することができる状態です。

今紹介したサイクルをしながら日々の勉強をしていると、少しづつ音楽に対する依存が抜けてくると思います。

例えば、初めて聞く洋楽で勉強に取り組んだりできるようになればそれも成長です。

少しずつでいいので、音楽を流す時間を減らしていきましょう。

音楽を聴きながら勉強すると、ノリに乗れて自分の世界に入り込むことができます。

これは音楽を聴くことの大きなメリットであり、それを活かさない手はありません。

そしてそのノリに乗った状態を維持しつつ、音楽を取り除いて勉強姿勢を維持できるのが一番いい形です。

そのことを意識して、僕が今紹介した方法を試してみてください。

音楽を聴くことは諸刃の剣と言えます、上手く付き合って勉強の効率を上げていきましょう。

この記事を読んでくださった人の勉強効率が上がることを切に願っています。

当ブログ(東大生のツラツラ)では、他にも勉強に役立つ記事を発信しております。

必ず成績が上がる参考書の使い方はこちら

→【大学受験特化】オンライン家庭教師がおすすめな訳【実体験あり】

コメント

タイトルとURLをコピーしました