高校物理のおすすめ参考書・問題集【初心者でも解ける!】

勉強
スポンサーリンク

今回は高校物理の参考書(初心者編)の紹介をしていこうと思います。

私は、大学生になってから家庭教師を3年ほど努めていますが、物理が苦手だった生徒にもこれらの教材を紹介してきました。

物理基礎の分野で、「加速度ってなに…」とか「数式が多すぎて意味わかんない…」ってなってる方いると思います。

今回は、そういう物理アレルギーを持った方に向けた、【初心者編】ということでやっていこうと思います。

レベルアップした基礎編を知りたいという方はこちらの記事をご覧ください!

国立大学から東大京大を狙う人に向けた発展編の参考書はこちら

ところでこの記事を読んでくださってるあなたは、オススメされる参考書の数が多すぎる!と思ったことはありませんか?

実際、本屋さんの参考書コーナーには星の数ほど参考書や問題集が置いてあります。

なので、この記事では数々の参考書を見てきた私が、本当にオススメするものを絞って紹介しようと思います。

この記事で紹介してある参考書は本当に良書となっていますので、高校物理を今から学ぶ人も今物理でつまずいている人も必見です。

では早速本題に移りましょう。

「桜の季節」の写真

初心者の物理参考書その①:『橋元の物理基礎をはじめからていねいに』

「橋下の物理基礎を初めから丁寧に」の画像検索結果

この参考書は、表紙に書いてある通り、「イメージ」で伝えようと書いてあるので、理屈云々は抜きでまずは形から入ることができる内容となっています。

この参考書のもう一つの特徴は、文章の書き方が話し言葉で書かれているので、本をガチガチで読む感じにならないことです。

東進のシリーズには多いのですが、講義を進める形で書いてあるので、理解の手がかりが得やすいのも利点です。

簡単すぎるくらいわかりやすく書いてあります。

物理が本当に苦手で、全く克服できそうにない方は、とりあえずこの本から物理の全貌をふわふわっと掴むのがいいでしょう。

この本は物理が本当に苦手な人のとっかかりになると思うので、赤点回避したかったり、偏差値を50に上げたいような方にオススメです。

初心者の物理参考書その②:『とってもやさしい物理基礎』

「とってもやさしい物理基礎」の画像検索結果

この本は、先ほど紹介した「橋元の物理基礎を丁寧に」に比べるとより参考書っぽいと思います。

ただ、物理の参考書と聞くと、どうしても難しい単語が並んでいたり、数式だらけで解くことができないと思う方も多いと思います。

そんな方に、この「とってもやさしい物理基礎」はオススメです。

この参考書はどちらかというと薄めであり、左側に例題のようなものがあって、右にそれ関連の問題がある構成です。

そして、その問題も簡単で、簡単な問題は解答もちょっと短めになりがちですが、この参考書は十分な量の解説があります。

なので、物理が苦手な方も独学で勉強できる参考書となっています。

上の2冊は市販の中ではトップレベルに優しく、とりあえず物理を理解したい方にはオススメです。

初心者の物理参考書その③:『セミナー物理基礎+物理』

「セミナー物理」の画像検索結果

これは学校でも配られることも多いくらい、有名な問題集です。

この本は簡単な問題から難しい問題まで収録されているのですが、上の参考書だけではどうしても問題数が足りなくなると思います。

この「セミナー物理」はそんな問題数不足を解消してくれます。

ちなみにこの参考書の問題は結構特徴的で、全部の問題を網羅しているのではなく、ある程度同じような傾向の問題を別の方法から解かせるような問題が多いです。

これが僕がこの問題集を推す理由で、適当に網羅してある問題よりは、解いておくべき問題をいろんな手法で練習できる問題集はこの本くらいです。

なので物理の問題集に困ったり、今から物理を勉強しようと考えている人はセミナー物理を手元に置いておくことをおすすめします。

「白いコスモス」の写真

初心者は物理の参考書の使い方も知っておこう

以上が、初心者編の参考書・問題集となります。

少ないなと思った方もいるかもしれませんが、オススメの参考書を調べても、たくさん出てきてどれに絞ればいいのかわからなくなると思います。

僕が思うに、参考書は1冊に絞って勉強するのが一番大切だと思うので、なるべく読んでる皆さんが迷わないように僕が自信を持って勧めることができる本を紹介しました。

また、質の良い参考書を知っても、使い方がわからなかったら意味がないので下のリンク先を5回は読むようにしてください。

以上紹介した物理の参考書を使って、物理の苦手を克服したり、初めて物理を勉強する際のお供にしてもらえればいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました