高校物理のオススメ参考書・問題集【東大生の私が断言する1冊】

勉強
スポンサーリンク
「秋田内陸鉄道」の写真

先日、家庭教師先の生徒がこのような相談をしてきました。

先生、物理のオススメ参考書が知りたくて昨日調べてたんですけど、種類が多すぎて結局どれがいいのかわかりませんでした。良い参考書を教えてください!

これは物理に限った話ではないのですが、参考書が多すぎてどれを選べば良いかわからないという方、沢山いると思います。

なので今回は、東大生である僕が、本当に良質な問題や解説が揃っている参考書を厳選して少ない数に絞りました!

今回は定期テストで点を取るための基礎編から、受験で物理を選択する方に向けた応用編に分けて、参考書の紹介をしようと思います。

また別の記事で、物理の基礎の基礎から理解したいという方に向けた初心者編や、難関国立大を狙いたい方に向けた発展編の参考書紹介をしていますので、そちらも是非ご覧ください。

では早速参りましょう!

東大生オススメの物理参考書・問題集  〜基礎編〜

「草原を歩くキリン」の写真

東大生オススメの物理参考書・問題集 〜物理のエッセンス〜

「物理のエッセンス」の画像検索結果

最初に紹介するのは「物理のエッセンス」です!

聞いた方も多いのではないでしょうか、この本は河合塾が出してる物理の参考書です。

この本は比較的少なめの問題数です。

しかし、範囲を漏れなく網羅しているので、解ける人にとってはさらっと復習がてら使える内容となっています。

この参考書は単元ごとにわかりやすい説明を加えた後、Exという例題が載っています。

この例題の後にはすぐ答えが載っていて、その単元の基礎が理解できているかを確認することができるようになってます。

そして、このわかりやすい説明というのがポイントです。

皆さんは、学校で配られる物理の教科書を読んで「だからなに??」と思うことはありませんでしたか?

もちろん、学校の教科書はとっっっても大切なのですが、「じゃあ結局この原理を使ってどうやって問題を解くんだよ!」ってなっちゃうことが多いんですね。

物理現象がどうして起こるのかという原理は理解できたけど、解き方がわからなくなる人が多いです。

しかし、この「物理のエッセンス」は、わかりやすい説明がその原理と解き方との壁を埋めてくれる参考書な訳です。

そして、この参考書の使い方におけるちょっとしたポイントが、公式の導出の部分です。

ここを理解できないまま進むと、結局原理が理解できてないことになるので、その時点で解けてもまた戻ってきたときに完全に頭から抜けてることが多いです。

なので、公式の導出は問題に関係ないや!と飛ばしてしまいがちですが、ここもしっかり解くようにしましょう

物理のエッセンスは上下に別れており、上が「力学と波動」下が「熱と電磁気と原子」になっております。

『物理のエッセンス』はこんな人にオススメ
  • 効率よく物理の復習をしたい人
  • 先生の言いたいことはわかるんだけど、いざ一人で問題を解こうとするとうまくいかない人
  • 独学で物理を勉強する人
「サファリと百獣の王(ライオン)」の写真

東大生オススメの物理参考書・問題集 〜らくらくマスター物理基礎・物理〜

「らくらく物理マスター」の画像検索結果

さて、次にオススメする問題集は「らくらくマスター物理基礎・物理」です!

先ほどの「物理のエッセンス」が、「説明もあって、少し問題もあるという橋渡しの役割を持った参考書」であったのに対して、こちらの「らくらくマスター」は「満遍なくポイントを拾える問題がたくさん載ってる問題集」です。

どれくらいの問題数かというと、基本例題と例題で合わせて300問ほどです。

この本は手に取っていただくと案外薄いと思う人が多いはずです。

しかし、この問題集のいいところは、一問ごとにしっかり大切なポイントが抑えられており、この問題集だけで基礎をマスターできるところでしょう。

しかも、解説が丁寧!これは基礎をマスターしたい人にとっては欠かせない要素でしょう。

問題と解答が、見開きで対応しており、問題をさくさく解きながら実力をつけたい人にオススメの問題集となっております。

この問題集をオススメする理由をまとめると、「絶妙な問題数とポイントの抑え方、そして解説の丁寧さ」となります。

『らくらくマスター物理基礎・物理』はこんな人にオススメ
  • 問題を解きまくって形式に慣れたい人
  • 物理のエッセンスの問題量じゃ不安な人
  • 抜け落ちてる分野があり、そこを補強したい人

言します、以上の2冊だけで基礎は十分です、何も他にするべき教材はありません、何回も繰り返して勉強しましょう。

家庭教師先でも、物理のエッセンスをベースに教えていた子が東北大学に合格してました。

「遠くの打ち上げ花火」の写真

東大生オススメの物理参考書・問題集  〜応用編〜

「紅葉するイロハモミジ」の写真

東大生オススメの物理参考書・問題集 〜良問の風〜

「良問の風」の画像検索結果

ちなみに僕はこの参考書を解くことで物理が得意になりました。

この問題集は河合塾から出されてるものなのですが、先ほど紹介した「物理のエッセンス」のレベルアップしたものにあたります。

この問題集の良い点は、物理の基礎が分かっていれば解けなくもない、といった絶妙なレベルの問題が豊富にあることに加え、知っていれば高得点が取れるようなテクニックも知れることです。

受験の世界ではどうしても、教科書だけでは到底解けないだろ!って思うような問題がたくさん出されます。

その中でも、この解法や考え方は流石に自力では思いつかない、、、となるようなものもたくさんあります。

しかし、適度にテクニックも教えてくれる「良問の風」なら、そのような悩みも無くなります!

この問題集には実際に大学試験で出された問題なども収録されており、文字通り良問がとっても多いです。

なので、問題を解いていくうちに自分に足りないのはどの部分なのかが明確に浮き彫りになり、その部分を再度「物理のエッセンス」で確認するという良いサイクルが出来上がります

この本はかなり問題数が多いので、苦手な分野だけやるのも良いですし、逆に得意を伸ばすために使うのもありでしょう。

僕のオススメはもちろん全部やることですが、その時間がない人は範囲を絞って解くことが大事ですね。

『良問の風』はこんな人にオススメ
  • 物理のエッセンスの次に取り組む参考書・問題集を探している人
  • 受験に通用する力をつけるために、とりあえず問題の数をこなしたい人
  • 学校などで受験対策があまりされておらず、独学で大学受験を目指している人
  • ある特定の分野を伸ばすor補強したい人

僕は他にも「解法の焦点」や「重要問題集」と呼ばれる問題集を解いてきました。

その過程を踏まえた上で、この「良問の風」一冊で応用編は十分だと思っています。

それくらい、この一冊をマスターした時に得られる物理の知識、実力派凄まじいです。

よく、参考書は一冊に絞って何周もやれ!という意見を聞くと思います。

この問題集は何周もするほど威力を発揮するのであえて他の本は紹介しません。

物理の実力を一年で東大合格まで持っていった僕が断言します。

「どこまでも続く雪景色(針葉樹)」の写真

さて、以上が私がオススメする高校物理の参考書と問題集です。

え?少なくない?と思う方もいるでしょう。

ただ、参考書というのは、なんども言いますが同じものを繰り返し使うことで、ようやく成果が出るものです。

とりあえずどの参考書を買おうか迷っているあなた、今日から動き出しましょう。

最後に、「高校物理の勉強の仕方」と「必ず成績が上がる参考書の使い方」をまとめた記事がありますので合わせてご覧ください。

→高校物理の勉強法はこちら

→必ず成績が上がる参考書の使い方はこちら

 

当ブログ(東大生のツラツラ)では、他にも受験で役立つような記事を発信しております

→東大生オススメの小説ランキング2019はこちら

→勉強のやる気が出ない時の8つの対処法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました