【結論】スプラトゥーン甲子園でエクスプロッシャーをずっと持った人の書き留め

ゲーム
スポンサーリンク

このブログでは初めてのSplatoonの投稿となります。

今回は僕が前回の第4回甲子園が発表されてからずっと持ってたエクスプロッシャーについてステージごとに書こうかなと思います。

ちなみに自信ある戦い方をしていたのがアンチョビなのでせめてそこの戦法だけでも見て行ってください🙏

少々長くなりますがおつきあいくださいませ。

最高xpは2737です、ブラウザバックしないでね。

無印の頃はナワバリで本当に持ってる人がいなくて、マイオナ感ありふれてましたが、今では立派な強武器となりましたね。

泡吐くだけ吐いてその場で死んでいくカニの様なエクス無印から打って変わって、コロコロ転がって敵に圧をかけれるダンゴムシエクスカスタムへの進化は目を見張るものでした。

「エクスプロッシャー」の画像検索結果

さて、そんなエクスプロッシャーという武器種と今回長い付き合いを持つ私ですので、せっかくなら東海甲子園前に解説?とは言っては変ですが雑記を書こうと思うのでよかったら見て行ってください。

今回は第5回甲子園のステージ別にエクスの強み・立ち回りを書いていこうかなと思いますが、まず最初にさらっとナワバリエクスの理想編成なんかも書いていきます。

基本的に、味方のカバーに関することとか、スフィアの使い方とか言語化するのが難しくてナワタイをやって掴むしかないところに関しては触れていません。

固定化した方がいい立ち回をステージごとに書いているので、細かい動きの詰めは各自がやってもらえればより強い動きができるようになると思います。

あ、それと今回はエクスって言うと断りがない限りカスタムの方を指します、スプリンクラーで即割りできる様にしてください。

それと僕のギアはイカ速1とメインク2です、ダイナモンさんみたいにラスパイカ速2とかも強いんじゃないですかね、使えるか知らんけど。

少し余談なのですが、甲子園本番は武器やギアの決定、そして感度の設定などを全て1からしないといけません。

自分が普段から使ってる装備で挑んだ方が、やりやすいはずです。

そこで僕がオススメするのが、amiboという機能です。

これはフィギュアのようなものなのですが、ギアの選択画面で自分のコントローラーにこのamiboを乗せると、ギアの登録ができます。

それを本番の会場に持って行き、コントローラーに当てると、武器やギア、感度まで全部が再現sれます。

これなら、武器の選択ミスや感度忘れなどを防げるはずです。

amibo限定のオリジナルギアも手に入るので、値段相応の価値があると思います。

ヒメとイイダが可愛い笑

エクスプロッシャー入り理想編成

こんな感じで堂々と理想編成!!って書きましたが実際@3は塗り枠が一つあれば最悪なんでもいいと個人的には思っています。

昔、チームでローラーバケツ島根エクスと言う編成をしていましたが、戦えなくはなかったです(島根の人の塗りが過労死する)

ちなみにチームではローラー入り編成でずっとやっていて、@2を最終的にはキャンプ島根で甲子園にのぞみました。

エクキャンは本当に強いのでオススメですが、ナワバリのエクスはキャンプがいなくても十分動けます。

なので、エクス、リール2、バケツとかエクス、リール、ZAP、ZAPとかでもいいと思います。

まじで自分で理想編成の欄を設けておいてなんですが、編成なんでもいいってのが結論ですね、はい。

エクスはスプラ武器界のマザーテレサですので、味方がどんな編成でも優しく受け止めてあげましょう。

バッテラストリート

「バッテラストリート」の画像検索結果

画像が昔のバッテラで笑ってしまった、昔のバッテラも狭くて好きでした。

ちなみにバッテラっていうのはサバの押し寿司のことです、僕は食べたことありません。

ここからの解説というか雑記ですが、僕のチームの編成をもとに解説していこうかなと思います。

このステージはセンサーの使い方が大事だと思ってます。

こ橋を取るのが重要うんたらかんたらはまあ当たり前というか意識してなくてもどうしても橋の上での攻防戦が多くなるので、特に初動なんかは意識して橋奥にセンサー投げたりしたほうがいいです。

そして初動は特に僕はよくやらかしてたのですが、橋にヘイトが向きすぎて右手前の坂から上がってくる敵に気づかないことが多いのでそこも注意しておきたいです。

なので初動のオススメポジションは右手前の街灯に立って橋上を見ることですね、あそこだったら相手がどんな初動をしてきても対応できます。

そこから2分間寝てたらラスト30秒になります。

ラスト30秒は起きてしっかり味方と動いてあげましょう。

ちなみに、何度も言いますが橋上を見るのももちろん大事です。ただ、バッテラは奇襲される場所が多いのでそこにセンサーをおいておくことがめっちゃ重要です。

左壁裏の坂とか、左の登ってこれるところとか、右手前の坂とか。

味方の島根が安全にボムラッシュをはけるよう、僕がセンサーをおいて守ってあげるようにしていました。

センサーを投げて敵に当たらなくても、相手視点からすると警戒されてるなって思うはずですのでとりあえず置いておくことが重要だと思います。

チョウザメ造船

「チョウザメ造船」の画像検索結果

運営から見どころが3つしかないと宣言されている悲しいステージです。

しかもよく見たら1番と2番の見どころの違いがまじでわからないし、ましてや3番は落ちます。

さて、このステージですがチャージャーとスピナーが強いです、相手にいる場合は極力触りに行かないほうがいいかなって個人的には思ってます。

わんちゃんあるのが、チャージャーが左高台に立って打開しようとしてるところに左の溝の部分から90当てに行くくらいですが、それでも抜かれる時は抜かれるので僕は全く触りにいってませんでした。

抑えの時に敵がチャージャーじゃない場合は敵高に入って圧をかけるのもありだと思います。

相手からして一方的にやれる武器がチャーとスピナーくらいしかいないのでうまくいけば無双できます。

相手にチャーがいるときも右側を封鎖するとかして、やられないように動けばこのステージは抑えはそこまで難しくないと思います。

問題は打開です。

このステージの打開むずすぎ、ちなみにエクスは右高からじゃないとやることはありません。

とりあえず、自高に入ってくる敵がいたら当てるだけでもいいので相手を下げましょう。

そして回転台が上がってる時によく潜伏されるので、そこも90狙いにいっていいと思います。

エクス持ってる方ならわかると思いますが、あそこに潜伏してる敵はカモのはずです、センサーも当てずに奇襲90を狙って落としに行きましょう。

ただ、それがうまく決まればいいのですがなかなかキルが入りづらいのがこのステージの特徴だと思います。

しかし、敵に味方を落とされないようにするために、まずは自高に入ってくる敵をしっかり警戒して、少しでも打開を始めやすい環境を整えましょう。

この文字ペースでいったら死にそうだけど、適当にツラツラ書きます。

ムツゴ楼

「ムツゴ楼」の画像検索結果

クソステ、アプデで来る前の紹介動画でのワクワクを返せ。(ちなみに見た目は今でも好き)

飛んでくるマルミサ、破裂するタンサンボム、なぜかみんな当てるのがうまい直クイボ、何とか逃げれたと思った先に飛んでくるナイス玉、しょうがないリスポーンに戻ろうと思った瞬間のジェッパ直。

モワモワ湯気だけ出す鈍器に為すすべは有りません、酒でも飲みながら大人しくタンサンボム振っておきましょう。

ちなみに僕はここは黒洗濯機を持っていましたが、勇気ある人だけエクスを持ってください。ダイナモンさんが持っていたのでちょっとだけ希望が見えました。

海女美術大学

「海女美術大学」の画像検索結果

僕は東京大学にいるのでこのステージのクラゲ野郎どもには毎回学歴マウントを取りながらスプラしています。

さて、このステージは打開でも抑えでもエクスはやることいっぱいのステージです。

まず打開の話から。

  • 手前の段差のところに敵が潜伏してる可能性大なので、まずそこはメインやセンサーでクリアリングしてあげます。
  • 加えてエクスの強みである「敵が出しゃばって前に出てきたところを安全に落とす」ことが割とハマるステージなので、相手が自ステージに登ってきたら高台から積極的に処理することを心がけましょう。
  • 関東甲子園でサンドイッチさんがローラー視点で左広場の段差から縦振りで倒してめちゃくちゃ無双していましたが、あそこもエクスなら見ることが可能なのでメインでクリアリングしましょう。
  • 最後に、中央のタワーに登るところの壁を塗ってあげるだけで味方の動きやすさが変わるので、打開の時は余裕があればそこも見てあげるといいと思います。

次は抑えの段階の話です。

まずこれはエクス使いじゃない人も知ってて欲しいのですが、よくニンニクって言われるところ(多分あれは貝?)に立ってる敵への90の当てやすさが尋常じゃないので相手にエクスがいる時はそこに立つのはやめましょう。

逆に相手がそこに立ってたら無限に90狙いに行きましょう、試合を通して90当てまくるだけで倒せなくても相手は怯んで自由な動きが取りづらくなります。

敵の高台にまで登るとか、ステージからずっと弾を撃って威圧するとか抑えの方法はいろいろ有りますが、個人的に最後に気をつけたいところを書いてあまびは終わりにします。

それは僕が相手がゲキ強のところとナワタイをした時にやられたことなのですが、ずっと抑えていて相手は最後20秒で打開しないといけないって場面でした。

僕たち4人は敵ステージに夢中になっていたのですが、その時に相手の一人が右高からおりて僕を倒して抜けたんですね。

何とその試合はそれで負けてしまったのですが、エクスは味方がずっと見てるところ以外の場所も見ることが大切です。

今回の例で言うと、「こっちのヘイトがステージに向いてるからもしかしたら相手は右から抜けようとするかもしれないな。」と思うことができたら右高にセンサーを投げて僕たちの勝ちは確定はしていたわけです。

そんな感じであまびは右高を見ることも欠かさないようにしたいです、ここまで読んでくださったらわかると思いますが、エクスは見る場所が本当に多い武器だと思います。

だから、エクスの人がちょっとミスしても許してあげてくださいね笑(←甘え)

ザトウマーケット

「ザトウマーケット」の画像検索結果

この時点で4000文字行っててびっくりする、大学のレポートもこんな感じで単位が欲しいものです。

さて、ザトウマーケットで負けたチームはイカとしてその場で売られると言う伝説があるステージですが、ここもエクスは強いです。

もうめんどくさいからエクス強いンゴwwwwwwwで終わらせたいんですけど、とりあえず打開でできることは死なないことだと僕は思ってます。

  • 右手前にバケツが潜伏してることが多い。
  • そしてそこのバルーン裏にほんの少しだけ塗れる箇所があるのでそこの潜伏に注意するためにセンサーを投げること。
  • 左高にいる敵が出しゃばってきた時に90当ててあげると味方の攻撃と合わせてだいたい死ぬ
  • ここはスフィアで相手をまとめて引かせる動きが強いので打開の時に積極的にスフィアを吐くこと。

ここらへんを意識していました。

打開は味方の編成に合わせて立つところを変えるのが理想ですが、100パー強いのは右高のちょこっと上に出てるところですね。

なんて言うんだろう、あのL字の逆になってるところ。

わからない人はナワタイ不足です、精進してください(なすりつけ)

あそこに立てるのは敵にチャージャーがいない時ですが、まじで右から入ってくる敵を封鎖できます。

まあ、そのポジションに立てるくらい周りが固まってたらあとはメイン精度の勝負になるので、その前に意識しておきたいところをいくつか述べます。

まず、右の広場と左の広場を塗ってあげる、特に左の広場が取れてるかどうかの差で相手の打開のスピードが格段に変わってくるのでエクスも積極的に塗ってあげたいです。

それと、このステージは段差が多いので、壁はめっちゃ塗りましょう。

どのステージでも言える事ですが、エクスの壁塗りはまじで味方の動きやすさを左右するので全部とは言いませんがなるべく塗るように意識しましょう。

ザトウは言いたいところはこんな感じかな、最近はミサイル持ちが増えてきましたが、ミサイルで味方と分離すると一瞬で打開されるのでチームでミサイルに対する解答を持っておくべきだと思います。

アンチョビットゲームズ

「アンチョビットゲームズ」の画像検索結果

このステージ自陣広すぎやし、その割には抜けるの案外難しいし、どうすればええねん。

っていう悩みに対して僕たちのチームはある強豪チームの助言も借りて、一切抜けずに勝つという戦法で戦ってました。

まじでこの戦法を取ってたチームは少なかったけど、8ステージの中で一番安定して勝てる戦法だったように思うので試してみてください。

それは、単純ですが「中央で塗り勝つ」です。

アンチョビは抜けられないようにすれば中央の塗り合いでの勝負になります。

その勝負で中央に多くの塗りを残せば勝てると言うシンプルなものです。

こうやって書いてみると案外しょぼいですね笑

まずラスト30秒になっても島根とエクスは自高からおりません。

これはこっちが押している状況でも変わりません、おりているとしてもチームの前衛二人でした。

ちなみにラスト30秒時点で考えていることは絶対に死なないこと、それだけでこのステージは勝てます。

なぜかここのステージは左のプロペラから抜けようとしたり、右のブロックから自高に上がって来ようとしてくる敵が多かったですが、それらはエクスのセンサーで全部牽制できます。

それでもスフィアで無理やり抜けて来ようとする敵にはボムラを吐いて島根とエクスそこにもう一人くらい加わって複数人で安全に処理していました。。

そしてここがもう一つのポイントなのですが、アンチョビは抜けなくとも敵陣を塗れる場所があります。

それはこちらからみて右奥ですね、そこにエクスが5発くらい弾を入れてある状態でラスト30秒に入るだけでほとんど勝ちが見えています。

最後に中央の塗りを維持するボムラを吐きつつ、敵の右高をエクスで荒らしている。

これが僕たちの理想の勝ち方で、しかもSplatoonって敵陣に攻めるより相手が攻めてくるの待つ方が簡単なんですよ、当たり前ですが笑

なので、この戦い方を採用していました、ぜひ参考にしてみてください。

エンガワ河川敷

「エンガワ河川敷」の画像検索結果

エンガワは美味しいから自分も好きだけど、河川敷っていうほどでかい川流れてないのがわらけるステージですね。

出る前は川を挟んだ攻防が重要になるぞ!みたいに書いてあったのに、川がもはや池レベルに小さくて、攻防戦といえば敵のスフィアを弾いて落とすくらいしか見たことがありません。

さて、そんなエンガワ河川敷ですが、チームによってかなり戦術が変わってくると思うので僕らのチームのエクスの立ち回りを書こうかなと思います。

ここのエクスのギアはイカ速2のインク回復もオススメです、最後の最後まで迷いましたがここは結局いつものギアにしました。

さて、ここの立ち回りですが、僕は一生左にいて左広場から上がって来ようとする敵や中央から左を取りに来ようとする敵を封鎖していました。

僕たちの戦法として左2枚と右2枚に分かれて右はスプラローラーコラボで封鎖する方法を取っていたのですが、左をエクスで完全に取っちゃう動きも案外強かったです。

きつかったのは普通にリールのスフィアでごり押しされることですが、センサーや味方との連携でなんとかうまくごまかしていた印象です。

ここは最後までエクスとしての正解がわからなかったのでこの辺りに留めておきます。

コンブトラック

ラストはコンブトラックです。

コンブの出汁ってなんであんな美味いのにコンブ自体はあんな不味いんでしょうね。

昆布は他のものだけを美味くするために生まれてきた運のないやつです。

昆布とLuck。ってね。

さて、激さむの中最後のステージについて書いていきます。

ここは案外中央で撃ち合うエクスは難しいので均衡状態の時なんかは左通路か右手前の山にいるのがいいと思います。

特に、左の通路を抜けた先の敵の山を占拠したエクスは最強です。

あそこから敵陣に向けて塗りを作るだけでかなり塗りアドが取れたりするので左通路のエクスの評価は個人的には高めでした。

ただ、どうしてもキャンプの処理が難しいという判断になり、だったら左通路にもう一枚キャンプを処理するための人を割けばいいんじゃねってことで52ガロンベッチューを使っていました。

この武器、近づけば鬼のキル速が出るのでL3相手にも全然戦える、プラスシールドでキャンプの処理は楽にできる点が強かったです。

ナイス玉のおかげで、相手にキャンプがいない時も腐ることがなかったのがよかったですが、その分中央が薄くなるのでエクスを使ってる僕は中央も厚めに見るようにしてました。

最後のエンガワと昆布はまじでチームによって配置や立ち回り、なんなら武器まで変わってくると思うので詳しくは書きませんでしたが、一つの戦術として捉えてくれたら嬉しいです。

最後に

Splatoon甲子園は練習含め、とても楽しかったですが、やっぱり最後まで立ち回りが分からないところも多々ありました。

今回は戦術バレなんかも防ぐために名前は伏せますが、強い方に観戦も来ていただいて本当に成長することができたと思っています。

最後になりますが、何か聞きたいことなんかあればTwitterの@pon_frzのdmなんかでも結構ですのでいつでもご相談ください。

めちゃくちゃ長くなりましたが、最後まで読んで頂き有難うございました。

Nintendo Switchの購入はこちらから(楽天ポイントたまるよ)

【キャッシュレス5%還元 全国送料無料 入荷後の発送】新型 Nintendo Switch ニンテンドースイッチ 本体 Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド 任天堂 [ラッピング対応可]

価格:42,500円
(2020/2/29 18:51時点)
感想(70件)

【Switch】Splatoon 2(スプラトゥーン2) 任天堂 [HAC-P-AAB6A NSWスプラトゥーン2]

価格:5,740円
(2020/2/29 18:52時点)
感想(137件)

当ブログ(東大生のツラツラ)では他にもたくさんの興味深い記事を発信しております。

コメント

  1. ムシ より:

    東大生のつらつらさんってスプラやってたんですね!!!!

タイトルとURLをコピーしました