優しさって2種類あると思っててー

こんばんは、今日も1日お疲れ様でした!

 

朝読んでくださる方は、おはようございます!

 

今日も1日がんばりましょ、ローマは一日にして成らず、です!

 

 

僕はどんなローマを作ろうと思ってるんだろう、わかんないけど笑

 

 

突然ですが、僕の友達がインターン行った時に慶応生の男の子と同じ班になる機会があったらしいんですね。

 

 

その友達は東大の女の子なんですが、慶応の子はやっぱすごいわぁって言ってたんですよ。

 

 

どうすごいん?って聞いたら

 

 

女性の気持ちというかモテる要素がやっぱ違うなぁって

 

 

それを聞いた僕。

 

『詳しく。』

 

女の子『いや、そんな大したことじゃないんだけど…笑』

 

『なんかホワイトボードを運んでる時別に重くもなくて人手も足りてたんだけど、女の子が運んでるのを見た瞬間すぐ駆けつけて代わってたの見てすごいなぁって。』

 

 

『んー😐、それくらいならお、おれもす、するけどなぁ😅😅😅😅😅』

 

 

女の子『んーなんて言うんだろう。なんか優しさを押し付ける感じじゃなくて、本当に相手を思ってる感じが出ててさー。』

 

 

『んーなるほど??🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️』

 

言葉に表すのは難しそうにしていましたが、人として優しい人に親切にされたらやっぱ作ってる感じがないってことですかね?笑

 

 

でも僕も前から優しさには2種類あると思ってて。

 

気づく優しさと実行する優しさ。

 

です(ドヤ顔)

 

何かに困ってる人に気づくとするじゃないですか😯

 

 

普段からそういうことに気づける人ってやっぱ周りを観察できたり人の気持ちを思いやることができる人だと思うんですよ。

 

 

でも気づきっぱなしになってませんか?っていうね👀

 

 

それ実行してはじめて相手に親切が伝わりますからね。

 

 

優しさって対象と自分の2人がいて初めて発生するものですから、実行されない限り優しさは存在しないと言っても過言じゃないと思います。

 

 

よく『やらない善よりやる偽善』って言うじゃないですか。

 

 

僕の考えにマッチしてて、やらなかったらそもそも善なんて存在しないんですよ。

 

 

『やらないよりやる偽善』こっちの方が正しいですね。

 

 

そりゃなにもしないよりは相手がメリット被るんだったら偽善の方がいいでしょっていう。

 

 

 

でもずっと偽善ができる人って多分それはもう善なんですよ。

 

偽善でも善でもそれは本質とは関係なくて、とりあえず相手が喜ぶことを繰り返しできる人が本当の”優しい人”だと思うんです。

 

だからさっきの慶応の子も、繰り返してる様子が伝わるから本当に親切な感じが伝わったんだろうなと思います。

 

 

まずは気づけること、それも大切ですが気づいたら気が進んでも進まなくても実行できる人。

 

 

それが本当に相手を想うということです。

 

 

これを読んでくださった皆さん、ぜひ今日は相手がなにをして欲しいかをずーっっっっと考えて行動してみてはいかがでしょうか?

 

 

僕が前に読んだ本『夢をかなえるゾウ』の中にもこの項目は出てきました。

 

 

相手がして欲しいことをずっと考えてみる、それは思ってるよりも大変だけどいろんな発見があるよって。

 

 

僕も改めて相手を思いやる日を作ろうと思います。

 

 

全ては、モテる男になるために………!

 

また明日😘

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました