本と知識と本

僕本を読むのがすごい好きなんですけど、皆さんは本読まれますか??

 

 

僕が今まで尊敬できるような人はみんな本を読む人だったので、その人の本質部分を作るまでは行かないにせよ、知識という血となり肉となるものを与えてくれると思っています。

 

 

そんな血と肉となり得る本ですから、自分の現状や考えてることや願望がどうしても本に表れると考えちゃう…

 

 

そーなると本屋さんで本を買う時にどーしても裏返しにして渡しちゃうんですけどこの気持ちわかる人いませんか?笑

 

 

自意識過剰ってのは十分わかってるんですけども😇

 

他の人から見たらエロ本買ってる時かいってつっこみたくなるかもしれないですけど…笑

 

 

でも、その本の中身を消化して自分のものとしたときにはその知識をひけらかしたくなるのになんで本を自慢したくはならないんだろう…って自分自身の気持ちなのに考えたことがあります。

 

例えば、人に何か豆知識とかを話す時って自慢げに話したくなりませんか?

 

その時に〇〇さんから聞いたんだけどね、とか言うとその知識の価値が下がっちゃう気がいつもするんですよね。

 

 

知識って誰かから得る他ないのに自分で生み出したように話してしまう。

 

 

その自分で生み出すって行為が本を読んだり勉強をするってことなのかなって最近思います。

 

 

人から聞かれたことをそのまま左から右に流すように伝えるよりは、勉強して掘り当てたものを共有する方が確かに価値はありそうですよね。

 

 

話は戻りますが、だから読んでる本を他人に見られるとその根元が見られる気がしてちょっと恥ずかしくなるのかなって思います笑

 

 

SNSとかで耳にしたうわべ面の知識を自慢げに話す人より、自分で学んだ知識をその成り立ちや由来を含めて話してくれる人の方がなんというか”厚み”がありませんか?笑

 

 

べつに僕が知識人ってわけではないですけど、僕が知識を蓄えるモチベーションは人として大きくなりたいって言うのがかなり大きいです。

 

 

 

 

本当に僕だけの感性だと思うんですけど、こーやって言語化するとモヤモヤしてた部分がすっきりした気がします。

 

何かオススメの本があったら教えてくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました